前へ
次へ

司法試験の勉強時間について

資格合格に要する勉強時間ランキングによれば、弁護士は5000時間となっています。弁護士になるための司法試験合格者の勉強時間は、非常に長い傾向にあります。食事や睡眠時間以外は、すべて勉強時間にあてるという人も少なくありません。司法試験合格のためのポイントは、特別な勉強法などはなく、テキストを1冊決めて、それを基本書と位置付け、基本書と過去問題を徹底してくり返すということだそうです。この勉強法は単純なのですが、それだけに、単調で大変な作業でもあります。全科目勉強するためには、かなりの分量になり時間もかかります。ちなみに、司法試験では、定義・趣旨は確実に、かつ正確に暗記することが重要となります。特に定義は、重みのあるものですので、勝手に書き換えると不正解となってしまいます。

継続は合格への近道です

弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。司法試験を受験するためには、一定の条件を満たす必要がありますが、場合によっては仕事をしながらでも司法試験に合格することが出来ます。仕事をしながら、試験勉強を行う場合に大変になるのが勉強時間の確保です。なかなかまとまった時間を取ることが出来ないのが現状のようです。そこで、オススメなのがスキマ時間で勉強をするということです。通勤時間や昼休み、寝る前など時間を区切って計画的に勉強することが重要になります。まずは、基礎をしっかりと固めることが重要になります。少しの時間であっても、継続して学習を続けていくということが合格への近道になるとされています。

Page Top