前へ
次へ

弁護士が教える豊かな人生を切り開く勉強法

やるべきことを全力でやり続けていれば、行き詰った時に必ず解消します。弁護士も同じこと。むしろ顕著に表れます。勉強法も自分の力では解決できないからこそ相談に来たりします。依頼者と一緒に行き詰まりを突破していくのが弁護士の役割です。仕事も勉強も真剣に取り組んだ人は行き詰まりが必ず訪れます。この行き詰まりというのはあと一歩で解消できるところまで来ているというサインと考えます。このサインがあるということは勉強を真剣に取り組んでいるということを認識すべきです。そして必ず突破できるという信念を持つことが大切になってきます。弁護士になるとしても自分の理由を明確にして勉強し全力で続けることが一番自分のためになると確信しています。

弁護士になるための勉強法は繰り返しです

弁護士になるためには司法試験に合格する必要があります。国家資格にも色々ありますが、その中でも最も難しいと言われているのが司法試験なのです。合格するまで何年も浪人する人がいます。司法試験に合格するための特殊な勉強法というのはないのです。あるとすれば、基本書と過去問を繰り返しやるということです。択一試験と論文試験がありますが、何回もトライしてフィードバックする訓練が必要です。特に論文試験では自分の見解を示さなければならないと思われがちですが、基本的には過去の判例や学説に則った回答を示せばいいのです。司法試験に合格するための勉強法は単純な作業の繰り返しが効果的ですが、それに耐えられる精神力と努力が最も重要になります。

Page Top