前へ
次へ

資格取得に必要な時間とその対策

資格の取得には勉強が必要です。その勉強時間も資格によって大幅に異なってきます。中でも最も時間がかかるといわれるものが、「公認会計士」「司法書士」「弁護士」の3つの資格になります。これらは平均的に3000時間(3年)以上の勉強時間が必要だといわれています。この3つの資格を取得したいと考える方はたくさんいると思います。正直、これらの資格試験に合格することは容易ではありません。合格率も低く、何年も挑戦を続ける人も少なくありません。ですが、効率よく勉強をすることで合格率は違ってきます。「独学だけで合格したい」と考える方もいるとは思いますが、短期間で合格を目指すためにも専門の予備校に通うなど対策を取ることをおすすめします。インターネット等でもおすすめの予備校など紹介されているので、ぜひ一度調べてみてほしいと思います。

弁護士になるための勉強時間

弁護士になるためには司法試験に合格する必要があります。この司法試験に合格するためには非常にたくさんの知識が必要であり、また試験の合格率も非常に低いために多くの人がたくさんの勉強をしています。この司法試験に合格するための勉強時間は人それぞれですが、中には十数時間の勉強時間をとっている人もいます。そのため、法学部などに在学している状態ではなかなか勉強時間を確保することが難しく、在学中に合格することができる人は非常に少ないのが現状です。また、多くの勉強をするために専門学校や予備校に通う人も非常に多くいます。法科大学院などに通ってより専門的な知識を身につけることによって司法試験の合格を狙う人も多いです。

Page Top