前へ
次へ

弁護士になるために必要な勉強時間

弁護士というのは法律に基づいて様々な事件の加害者と被害者を公平に裁く必要があるのでとても大変な仕事ですし、豊富な知識が必要になってきます。弁護士になるには昔から大変だといわれてきていますが、現在においてもそれは変わっていないようです。勉強時間がどれくらい必要なのかを調べてみたところ、弁護士になるための専門の学校であっても600時間程度ということになっているようです。しかもこれは最初の一年間くらいでこれだけの時間の授業があるそうです。更に当然授業の合間であったり学校が終わってからも自主的に勉強する必要があるので、その勉強時間は実に膨大なものとなっています。数え切れないくらいの法律について覚え細かければいけないのでいかに大変かということがわかります。

弁護士資格を取る為の勉強時間とは

弁護士資格を取る為の勉強時間は如何ほどのものなのかは平均的な統計は出るには出ていますが、個人的な環境ややり方があるので一応には言えないものがあります。食事時間や睡眠時間も必要ですし、ただ座ってそのことだけにかかっていられるとも限りません。人によって1日10時間から16時間という話も聞いたことがありますが、本当かどうかは確かめようがありません。それよりももっと短時間で受かるとするとそれなりに価値があります。実際に学習時間で効率の良い長さは20分間とも言われています。従ってこの20分単位を間に挟んで連続して学習するのも能率は上がると思われます。時に気分転換で音楽を聴いたり散歩をしたりするのもその後の能率をあげるには良い方法として知られています。ポイントは予定に間に合わすことです。

Page Top