前へ
次へ

司法試験合格のための勉強法

弁護士になろうと思えば司法試験に合格して司法修習を修了しなければなれません。司法試験の勉強法で一番大事なことは基本を完璧に理解することです。一冊の教科書を決めて徹底的に読み込みます。基本的な知識が完全になったから過去問を徹底的に行います。過去問は何度も何度もやって覚えこんでしまいます。この時に大事なことは基本的なことのどの部分がどのように問われているかを理解することです。基本的な勉強は単調で我慢の必要な作業ですが、これを克服しなければなりません。その後に基本の教科書には書いていない最新の判例や学説についての勉強をします。出来るだけ基本事項とも関係づけて覚えこみます。最後にその年の試験委員の経歴や関わった事項についての対策を行います。しかしながら、基本が理解できていれば間違いなく合格できるでしょう。

弁護士の勉強法について

弁護士になるためには普通の勉強法ではだめだと言われているが、なぜそのように言われているのかというと、暗記しなければならないこともたくさんあるが論述までもしなければならなくなっているからです。このことから言うと、普段の自分がしている勉強だと時間がいくらあっても足らないということが丸分かりとなっていて、対処はできるだけ早くしないといけないとされています。そこで、弁護士になるためのより良い勉強法というものは、どういうものであるかというと、大事なところから徹底的に覚えていくというものです。それは、覚えなけえればならないことはたくさんあるのであるが、優先順位トいうものがあるので、そのことにしたがってすれば良いのです。

Page Top