前へ
次へ

司法試験に合格するための勉強時間

弁護士になるためには、国家資格でもトップレベルに難易度の高い司法試験に合格しなければなりません。司法試験を受験するためには、まずはロースクールに通うことが一般的な道のりです。ロースクールにも様々な難易度があり、日本有数のロースクールは入学試験ですら非常に難しいものです。司法試験に合格するには、計8000時間の勉強が必要だと言われています。非常に合格が難しいといわれる公認会計士でも、必要勉強時間は5000時間です。ロースクールに通いながら、自宅でも勉強に専念できる環境づくりが必要となります。1日の勉強時間が12時間以上になる人も珍しくありません。新司法試験になってから合格率が上がったといわれていますが、それでも最難関の試験であることに変わりありません。

肌トラブルでお悩みの方への美容皮膚カウンセリングも行っています

ホワイトニングなどの審美治療も行っています

英語での治療相談にも対応することができます

明朗価格のため安心して依頼することができる堺東の弁護士事務所

津山 鈑金

不眠不休で125日間

弁護士になる為には司法試験に受かる事が必要です、資格を取る為にどのくらいの勉強時間が必要かという事を一覧にした情報では3000時間と書いてあります。3000時間、1日24時間なので単純計算で125日という事です。不眠不休という訳にもいかないので1日の3分の1を勉強にあてると考えて3年間。1日8時間3年間勉強すれば司法試験に受かるのかと考えるのか、3年間同じモチベーションで1日8時間勉強するって出来るのかと考えるのか。しかも受かる保証がないものに対してです。ただ目線を変えれば、オリンピックなどを目指しているアスリートの練習量も同じ位ではないかと考えられるのではないでしょうか。という事は、何をするにしてもそれを成し遂げるという強い原動力がモチベーションを高め最終目標へ誘っているのではと感じてしまいます。そして何よりも、そこに向かっている自分を支えてくれている人達との繋がりが大きなモチベーションの1つなのではないでしょうか。

Page Top